安産灸ネットワーク事務局
〒123-0842 東京都足立区栗原1-20-23
西新井治療センター内
 TEL 03-3859-6002 FAX 03-3859-6453
LinkIcon メール メールの方は必ず電話番号をご記入下さい。

「安産灸」
(商標登録第4580504号)
「逆子の灸」
(商標登録第4700239号)
商標登録済みです。
 
無断でのご使用は固くお断り致します。
LinkIcon 商標について

HOME | よくある質問

安産灸について

妊娠16週を過ぎ、胎動を感じていれば、いつからでも始めて頂けます。
ただし、出血や頻繁なお腹の張り産科医から安静を指示されている今回の妊娠期間中に入院していた、などの経験がある方は産科医・助産師さんの同意を得て頂きます。
安産灸の詳細はこちら

始める週数にもよりますが、施術は出産までに2~3回です。
安産灸は、基本的に自分でやっていただく養生のお灸です。

安産灸は簡単で安全です。
誰でもできるように、鍼灸師が施術時にしっかりと指導します。

妊婦さんご自身に、自宅で三陰交のお灸ができるよう、やり方をお伝えします。
また、妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)の整え方を共に工夫して、マイナートラブルの予防をします。詳しくは「安産灸ページ」をご覧下さい。
安産灸の詳細はこちら

逆子の灸について

逆子の施術は、妊娠28週から36週までです。
逆子と言われたら、できるだけ早く施術を始めることをお勧めします。
逆子のための施術について詳細はこちら

施術回数は1~3回、施術頻度は週1回くらいです。
逆子が戻ったら、戻った状態を維持するための施術を1回されるとよいでしょう。

安産灸ネットワークでは、施術された妊婦さんの70~80%は頭位になります。
頭位になるまでの平均施術回数は1.5回です。
2~3回施術をしても逆子のままの場合、母体・子宮・胎児に逆子のままでいる何らかの原因があると考えますが、ギリギリで頭位になる事もあるので、36週までは自宅で逆子のお灸を継続して頂きます。

妊婦さんご自身に自宅でお灸を続けてもらえるよう、やり方をお伝えします。
また、逆子が戻りやすい、子宮にやさしい妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)の整え方を共に考えます。

予定日超過(予防)

ここでの予定日とは「産院での予定出産日」を指します

37週から始められます。
子宮がしっかりした陣痛を起こす為に、妊婦さん自身に自宅でお灸を続けてもらいます。
また、妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)を整えることで、子宮口の熟化を進め、陣痛に結びつけます。
予定日超過の施術について詳細はこちら

お体には個人差があり、希望する日に産まれるとは限りませんが、「お灸をすること」「日常生活の工夫」この2つで、良いお産ができるよう体を整えます。

今までの体作りによって個人差がありますが、「お灸をすること」「日常生活の工夫」この2つで、陣痛に結びつきやすい「体の使い方」をお伝えします。

施術について

施術内容によって異なりますが、概ね1時間から1時間半ほどです。

出張施術について
 

出張施術対応の鍼灸院でしたら、ご予約を頂ければ出張施術に伺います。
自宅安静の方、小さなお子様がおられる等ご自宅を離れられない方、まずはお電話にてご相談下さい。
安産灸ネットワーク所属の鍼灸院はこちら

まずは安産灸ネットワークへお電話にてご相談下さい。
ご相談は無料です。ご相談の内容によって出張施術する場合もございますし、他にもお力になれる方法がございます。
ご相談ダイヤル

出張施術料は無料です。
初回は+1,000円。施術費は通院も出張施術も同じ料金となっております。
安産灸・つわりは5,500円、逆子の灸・予定日超過・その他妊婦のための施術は6,500円。
なお、交通費は実費となっておりますが、電車や車など移動手段によっても異なりますので、ご希望の鍼灸院へ直接お問合せ下さい。
安産灸ネットワーク所属の鍼灸院はこちら 


安産灸はお産を楽にし、赤ちゃんが元気に産まれ、良いおっぱいがでて、産後の肥立ちを良くする(体調を整える)、素晴らしいお灸です!


つわり(はきけ、胸のつかえ、気持ち悪さ等)の施術としては、体調を整えるためのお灸の効果が見込めます。


年間300名余りの逆子のためのお灸施術を行っています。妊娠28週過ぎていれば、早ければ早いほど良いでしょう。まずはご相談下さい。


お灸をすえることで、骨盤内の血流を増加させ、産道、子宮口をやわらかくし、陣痛の誘発・促進を促します。


出産後のむくみや腰痛、おっぱいトラブル等を軽減し、心身を楽に、楽しい育児ができるようお手伝い致します。


妊婦さんの約7~8割に起こると言われる腰痛。妊娠後期になると腰痛を訴える妊婦さんが増えてきますが、 初期から腰痛が起きる場合もあります。

改善できる症状

安産や逆子のためのお灸の他にも、妊娠中の方は様々な体調の変化が現れます。
辛かったり、何となく調子が悪かったり、元気が出ないこともあるでしょう。
 
また、お子様の「夜泣き」等にお悩みのママはいらっしゃいませんか?
 
下記の症状は改善できます。我慢せずにご相談下さいね。
 

冷え・つり・むくみ・むずむず感

妊娠による腰痛

首・肩・背

張り・痛み

かゆみ

妊婦湿疹

小児

夜泣き・喘息・アトピー性疾患・夜尿症・かんの虫など

体に刺さないハリです。お母さんが抱っこして治療できます。