HOME | 施術(出張)・施術料について

施術・出張施術について

施術(出張)の流れ

 
安産灸ネットワークでは、来院や出張施術へ伺う前に聴き取りを行っております。
 
それは赤ちゃんの安全を第一に考えつつ、妊婦の皆様の様々な状態やお悩みにどのように応えていくかを判断するためです。まずはお気軽にご相談下さい。
 
ご相談~施術(出張)の流れ

 

 
施術費のご案内

★来院
初回

+1,000円

施術料

安産灸・つわり

5,500円/回

 

逆子の施術、予定日超過、その他妊婦治療

6,500円/回

 
★出張施術
出張施術料

原則として無料

初回

+1,000円

施術料

安産灸・つわり

5,500円/回

 

逆子の施術、予定日超過、その他妊婦治療

6,500円/回

交通費

実費のみ

遠方の方についてはご相談させて頂く事もあります。

 
施術回数の目安
つわり

1~2回

安産灸

●中期(20週くらい)から出産まで 1~3回くらい

●後期から出産まで 1~2回くらい

逆子のお灸

(治療を始める週数にもよりますが) 1~3回くらい

他の症状は安産灸と併せて施術しますので、1~2回くらいで症状は軽減する事が多いです。(例:腰痛、足のつり、むくみ、手のしびれ等)

 

出張施術のご案内

 
出張施術を希望される方へ。
当ホームページでご紹介しております、最寄りの安産灸ネットワークの治療院までお問合せ下さい。女性のマタニティ鍼灸師が伺います。
出張施術日や出張可能エリア等は鍼灸院紹介ページでご確認頂けます。
 
最寄りに鍼灸院がない、鍼灸院に行くべきか出張施術が良いかよく分からない時は無料のご相談ダイヤルまでお電話下さい。
 
安産灸ネットワークでは、まだ全国各地での鍼灸院をご紹介できる体制ができあがっておりません。安産灸にご興味のある方は、自宅施灸のみのご指導もいたします。
 

 
 
お灸について

 
自宅施灸の様子

 
お灸には、直接灸間接灸があります。
 
直接灸は、もぐさを米粒ぐらいにひねり、ツボに直接熱を伝えるお灸です。チクッとするぐらいで痕が残る事はありません。このお灸は、施術時に鍼灸師が行います。安産灸ネットワークでの施術時は半米粒大ぐらいのものを使います。
 
間接灸は、ツボに間接的に熱を伝えるお灸です。これも痕が残る事はありません。このお灸は簡単に出来るので毎日妊婦さんに自宅ですえてもらうものです。
 
上の写真は、妊婦さんが自宅でお灸をすえている様子です。
 
ワンタッチ灸で、熱くなったら取るので、痕も残らず簡単に出来ます。安産灸ネットワークでの自宅灸は、このワンタッチ灸を使用します。
 
直接、肌に「もぐさ」をのせないワンタッチ灸でも、皮膚の弱い方は”赤くなったり”、”かゆみが出る”こともあります。このような場合は、お灸を据えるのを中止して下さい。


お灸(もぐさ)

 
お灸(もぐさ)の
安産灸オリジナル化粧箱
1箱:950円(税抜)
お灸(もぐさ)安産灸オリジナル化粧箱

当ネットワークから使い方を教わった妊婦さんにのみお分けしております。

 
もぐさと押し出し棒

もぐさには釜屋もぐさ本舗さんの『カマヤミニ(弱)』を使用していますが、釜屋さんのご好意で化粧箱だけでなく、お灸の筒と押し出し棒(写真左)も安産灸オリジナルのピンク色となっています! 
 
★カマヤミニを使用する理由

  1. もぐさが国産である。
  2. 接着のりが食物のりである。
  3. 燃えるのが、もぐさのみである。
  4. 皮膚に接着するのりの面が少ない。つまり、皮膚に優しい。
  5. 筒の下面が大きく、もぐさの成分がしっかり穴に届く。(穴は体調によって移動することもあります)

 
妊婦さんが毎日使用するものなので、より安全なお灸にこだわりました。
 

まずは各鍼灸院へお電話下さい
 
①「よくある質問」をご確認下さい。
②下記のお好きな鍼灸院へご連絡下さい。

よくある質問

各鍼灸院へお電話する前にご確認下さい。

安産灸について

妊娠16週を過ぎ、胎動を感じていれば、いつからでも始めて頂けます。
ただし、出血や頻繁なお腹の張り産科医から安静を指示されている今回の妊娠期間中に入院していた、などの経験がある方は産科医・助産師さんの同意を得て頂きます。
安産灸の詳細はこちら

始める週数にもよりますが、施術は出産までに2~3回です。
安産灸は、基本的に自分でやっていただく養生のお灸です。

安産灸は簡単で安全です。
誰でもできるように、鍼灸師が施術時にしっかりと指導します。

妊婦さんご自身に、自宅で三陰交のお灸ができるよう、やり方をお伝えします。
また、妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)の整え方を共に工夫して、マイナートラブルの予防をします。詳しくは「安産灸ページ」をご覧下さい。
安産灸の詳細はこちら

逆子の灸について

逆子の施術は、妊娠28週から36週までです。
逆子と言われたら、できるだけ早く施術を始めることをお勧めします。
逆子のための施術について詳細はこちら

施術回数は1~3回、施術頻度は週1回くらいです。
逆子が戻ったら、戻った状態を維持するための施術を1回されるとよいでしょう。

安産灸ネットワークでは、施術された妊婦さんの70~80%は頭位になります。
頭位になるまでの平均施術回数は1.5回です。
2~3回施術をしても逆子のままの場合、母体・子宮・胎児に逆子のままでいる何らかの原因があると考えますが、ギリギリで頭位になる事もあるので、36週までは自宅で逆子のお灸を継続して頂きます。

妊婦さんご自身に自宅でお灸を続けてもらえるよう、やり方をお伝えします。
また、逆子が戻りやすい、子宮にやさしい妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)の整え方を共に考えます。

予定日超過(予防)

ここでの予定日とは「産院での予定出産日」を指します

37週から始められます。
子宮がしっかりした陣痛を起こす為に、妊婦さん自身に自宅でお灸を続けてもらいます。
また、妊娠生活(着るもの、食べるもの、生活環境)を整えることで、子宮口の熟化を進め、陣痛に結びつけます。
予定日超過の施術について詳細はこちら

お体には個人差があり、希望する日に産まれるとは限りませんが、「お灸をすること」「日常生活の工夫」この2つで、良いお産ができるよう体を整えます。

今までの体作りによって個人差がありますが、「お灸をすること」「日常生活の工夫」この2つで、陣痛に結びつきやすい「体の使い方」をお伝えします。

関東エリア

お電話でのお問合せの際、施術中などで出られない時もあります。 その際はおそれ入りますがメッセージをお残し下さい。
【住所】

〒123-0842 東京都足立区栗原1-20-23

(安産灸ネットワーク事務局)

【出張施術エリア】

足立区、荒川区、墨田区、北区

草加市、川口市

その他、西新井駅から片道一時間程度(応相談)

【予約・問合せ】

電話:03-3859-6002

携帯:080-2075-9184(戸部)

LinkIcon メール

【住所】

〒168-0064 東京都杉並区永福1-5-10

【出張施術エリア】

杉並区、世田谷区ほか都内全般

埼玉県(和光市、朝霞市、志木市、新座市など)

神奈川県(横浜市、川崎市など)

遠方でもご相談下さい。

【予約・問合せ】

携帯:090-9307-8972(中森)

【事務局】

〒153-0062東京都目黒区三田1-4-4

【出張施術エリア】

世田谷区,渋谷区,港区,目黒区,品川区,千代田区,中央区,横浜市

金曜日のみ:神奈川県海老名市,座間市,綾瀬市,大和市,厚木市

恵比寿駅より1時間程度(ご相談下さい)

【予約・問合せ】

携帯:090-5281-5297(山野)

LinkIcon メール

東海エリア

お電話でのお問合せの際、施術中などで出られない時もあります。 その際はおそれ入りますがメッセージをお残し下さい。
【住所】

〒411-0035 静岡県三島市大宮町3-9-43

【出張施術エリア】

三島市、長泉町、清水町、裾野市、沼津市、伊豆の国市、函南町、熱海市、富士市、御殿場市、他、遠方でもご相談下さい。 

【予約・問合せ】

電話:055-973-6739

LinkIcon メール

関西エリア

お電話でのお問合せの際、施術中などで出られない時もあります。 その際はおそれ入りますがメッセージをお残し下さい。
【住所】

〒573-0036 大阪府枚方市伊加賀北町5-13-804 川島第20ビル8F

【出張施術エリア】

京阪沿線全域

大阪府枚方市、寝屋川市、門真市、守口市、交野市、高槻市、茨木市

京都府八幡市、伏見区

片道1時間以内

【予約・問合せ】

電話:072-841-3989

WEBサイト

【住所】

〒572-0022 大阪府寝屋川市緑町8-8

【出張施術エリア】

寝屋川市、枚方市、守口市、門真市、高槻市、大阪市内

京都市内、京都八幡市

片道1時間程度

【予約・問合せ】

電話:072-834-5878

【住所】

〒659-0094 兵庫県芦屋市松ノ内町3-4

アンクラージュ芦屋松ノ内201号

【お知らせ】

「ママズケア西宮サロン」さんで毎週月曜日に施術しています!

【HP】

https://haritanabe.com/

【予約・問合せ】

WEB予約

携帯:080-3767-5067(田辺)

LinkIcon メール